コンタクトレンズに油が浮いている?閃輝暗点と分からなかった頃の私

私が閃輝暗点(せんきあんてん)になったのは、20歳の大学生の頃です。

大学の授業中に、ノートに目をやると、文字が部分的に欠けて見えるような状態になっていて、違和感を感じました。

ちょうどこんな感じで↓

私の閃輝暗点の見え方

画像参照)http://頭痛ハッカー.net/knowledge-of-headache/500

全く痛みはないので、焦ったり驚いたりはしませんでしたが、とにかく視界が欠けていることで、ノートを取ったり、文字を読んだりすることができず、鬱陶しいと思いました。

視界の欠けた部分は、ギザギザのノコギリのような透明の半円をしていて、揺れているというか、移動しながら、徐々に大きくなっていきました。

個人的には、視界に蜃気楼が現れたと言う言い方がぴったり当てはまると思います。

それから、月に1〜2回は閃輝暗点が起こるようになりました。

大学の授業中だったり、バイト先で事務を行っている時、または家でテレビを見ている時など、突然閃輝暗点に襲われるのです。

とはいえ、当時はまだ閃輝暗点という言葉や症状を知らなかったですし、痛みも一切ないので、単純にコンタクトレンズの汚れだと思い、コンタクトレンズをゴシゴシ洗っていました。

コンタクトレンズに油分の汚れがついて、そのせいで視界がモヤモヤしていると思い込んでいました。

しかし、どんなにコンタクトレンズを洗って付け直しても、視界が欠けてモヤモヤしている状態に変わりはありません。

本来なら、おかしいと思うところですが、結局数十分で視界のモヤモヤが消えてくれるので、あまり深追いしないまま、数年が経ちました。

ちなみにですが、閃輝暗点は、偏頭痛の前兆として語られることが多く、私は頭痛持ち(のちに偏頭痛だと発覚)なのですが、私の場合は、閃輝暗点が終わったら頭痛が始まる、という流れではありませんでした。

20歳代後半で、自分の頭痛が悪化して、病院にかかった時に、自分の頭痛の種類が偏頭痛であるということが発覚し、同時にもらった冊子に、閃輝暗点について書かれていたことで、初めて閃輝暗点という言葉も知りました。

閃輝暗点というのは、視覚を司る脳の血管が一時的に収縮することで、視界が見えづらくなる症状だそうです。

閃輝暗点が起こった後には、収縮していた脳血管が一気に緩むために、偏頭痛が起こりやすく、このために、閃輝暗点は偏頭痛の前兆となりやすいということも分かりました。

しかし、私のように、閃輝暗点は起こるけど、その後頭痛にならないケースもあるそうです。

といっても、私は偏頭痛持ちなので、脳の血管が収縮したり、拡張したり、という変動が激しい方なんだろうと思います。

閃輝暗点自体を治療したり、予防する薬などはなく、放置で良いとのことで、今も時々閃輝暗点が起こりはしますが、落ち着いて対応できています。

ただし、高齢で閃輝暗点が起こる場合は、脳の病気が隠れている可能性もあるそうなので、年をとってから起こる閃輝暗点については注意はしていこうと思います。

一度だけ閃輝暗点を経験(その後の片頭痛はなし)

前日ハードな仕事を終えたある土曜日の朝、恒例の目覚めのコーヒーとタバコを楽しんだ後、リラックスしてテレビを何気なく見ていた所、右目の視界の一部が光でモヤモヤする見え辛さに気づき始めたのです。

最初はテレビ画面の内容の問題かと思い、チャンネルを変えたのですが改善せず、テレビ画面への光の映りこみではないかと、見る角度や距離を色々変えてみたのですが変わらず、その後周りの景色を見ても同じだと言う事に気づきました。

そして更に目を閉じても真っ暗な中に、光の半輪が確認でき、ここで初めて自分自身の視界障害だと言う事が判明しゾーッとしたものです。

症状の詳細としては、目を閉じるとよく分かり、私の場合、特に右目の視界に影響が出ていて、三日月上のギザギザした半円がうごめく感じでした。

こういう状況って、経験的に太陽を直視してしまった後に目を閉じても光の残像が暫く続くアノ感じにも似ているのですが、その状態が改善しないで、5分、10分経過してもずーっと見え続ける状態なのです。

「一体私はどうなっちゃったんだろう」と、目の病気を疑い始め、年齢的にも60歳手前なので、網膜はく離、緑内障等々も覚悟しないといけないのかなと落ち込みました。

悩んでいてもしょうがないので、すぐ準備して眼科に行って調べてもらおうとしたら、症状発生後50分位の頃、「アレッ?視界が正常に戻っている」という事に気づきました。

目を閉じてもあのうごめくギザギザ三日月光が全く無くなっているのです。

そのため、病院に行くのをやめ、一旦様子を見る事にしました。

その後数時間じーっとしてテレビを見ていましたが何も起こらず、その後数日、視覚的におかしくなっていないかどうかも注意深く確認しましたが、何事も起こらない状況でした。

「あれは一時的な幻だったのかな?」とも思ったのですが、そんな時息子にこの症状の話をしたら、ネットで色々調べてくれて、一番症状にフィットする病名が閃輝暗点という片頭痛がおこる事前現象じゃないか、という事を知りました。

ただ私の場合、確かに若干の頭痛持ちではありますが、あの土曜日の症状の後に頭痛は起きませんでした。

その事が起きてから現在半年以上経過してますが、あの閃輝暗点は起こっていませんし、脳障害系も今の所問題無さそうです。

疲労感が強い時の片頭痛には、閃輝暗点が付きもの

私は子どもの頃から時々片頭痛がするのですが、20代に入った頃から片頭痛がする時になぜかものの見え方がおかしくなることが増えました。

その見え方は視界の中に一瞬光が見えて、まるで雷が落ちたのではないかと思うような状況でした。

最初は目に異常があるのかと思って普段コンタクトレンズを処方してもらう眼科に相談をしたのですが、疲労感やストレスが強いと起きやすいものであり、症状を感じたら普段より長めに休むようにと言われるにとどまりました。

そしてそれは「閃輝暗点(せんきあんてん)」という名前の症状だと教えられました。

確かにこの閃輝暗点を感じた時は、睡眠不足であったり疲れがたまっていることが多かったと思います。

またこの閃輝暗点は遺伝性があるようで、家族に同じような症状を抱えている人がいれば他の家族もなりやすいということです。

実際、私の実母も同じように閃輝暗点に悩まされていた時期があったことを知り、また実妹も私と同じように片頭痛がある時は、閃輝暗点を時々感じることがあるということを知りました。

また若い頃に起きた閃輝暗点については年齢とともに落ち着いてくることが多いので、よほどひどくて日常生活が送れない場合を除いては特に治療は必要ないと言われました。

なので閃輝暗点についてはそのまま様子を見ることになりました。

そして20代のうちは閃輝暗点を感じることも多かったのですが、30歳になって子どもが生まれて以降は片頭痛があったとしても閃輝暗点を感じることはほとんどなくなりました。

なので今は閃輝暗点自体感じることはありません。

ただし一旦落ち着いたはずの閃輝暗点が、年齢を重ねた後にまた症状が出るようになった場合は何らかの疾患が起きている可能性も高いため、きちんと医療機関を受診するようにというアドバイスを受けています。

もうすぐ40代になるということもあって何らかの疾患にかかるリスクも上がることから、また閃輝暗点が起きるのではないかと今不安を感じているところです。

目を閉じたり目薬を差しても取れない視界のキラキラは閃輝暗点だった

私が初めて閃輝暗点を経験したのは、20代後半のことでした。

その頃はショップスタッフの仕事をしていて、カウンターに立って書類に目を通していた時のことです。

視界の左下あたりに、キラキラとしたものが見え始め、だんだんそれが広がっていき、書類の文字が見えにくくなりました。

最初は目がかすんでいるだけかな?と思っていたのですが、目を長めにつぶってみても、目薬を差してみても、全く効果はありませんでした。

これはかすんでいる訳ではないな、と気付いたのはキラキラしたもので視界が埋め尽くされ、細かいモザイクのようになり、周りがほとんど見えなくなったころでした。

「これは、立っていられなくなるかも」と恐ろしくなったのを覚えています。

しかし、視界がキラキラで覆われて5分くらいした頃、嘘みたいにふっとそのキラキラが消えました。

これはなんだったんだろう。と思っていると、急にものすごい頭痛に襲われました。

それまで生きてきた中で一番痛い頭痛だと思いました。

吐き気もして実際に吐いて、頭の中が沸騰しているような今にも爆発するような感じでした。

この頭痛自体は1~2時間くらいで収まりましたが、本当に辛い痛みでした。

職場の先輩から、その症状は閃輝暗点じゃない?と言われ、初めてそこでその言葉を知りました。

その先輩も閃輝暗点の症状を経験したことがあるそうです。

ここから年2、3回くらい、同じような流れで閃輝暗点の症状が出るようになりました。

私は、このキラキラが視界のどのくらいの割合を占めるかで、その後くる頭痛の強弱が決まります。

キラキラが小さいまま消えたり、視界が埋まるほどだったり、症状の大きさはその時々です。

今では、閃輝暗点が出る時はだいたい、目が疲れたとき、まぶしい部屋や真っ白な空間に居たとき、などだったので、それに気付いてからは、未然に防ぐことが可能になったと思います。

しかし、今でも突然症状に見舞われる時もあるので、なるべく要因となる目の疲れや光・色の刺激を受けないように気を付けています。

水面にギラギラと油が漂うような見え方で始まった閃輝暗点

私は、年に1〜2回程度の頻度で、閃輝暗点を発症することがあります。

初めて発症したのは29歳の時で、仕事中に、視界の中心部分だけ空間が細かく揺らぎはじめ、見えづらくなりました。

特に少し離れた場所にある文字が見えづらく、視界の中心から少しずらして見ないと読めなかった記憶があります。

そして、その範囲が徐々に広がってきて、最終的に視野の右半分が見えなくなりました。

初めて閃輝暗点を発症した時に、視界に現れた映像のイメージとしては、油が漂うギラギラした水面が細かく波を打っているような感じで、そのようなシーンが視界の中心に入り込む、そんなイメージです。

その範囲が時間と共に拡大、最終的に視界の右半分まで広がりました。

そのため、視野の右半分は周りの風景がほとんど見えませんでした。

症状は40~50分ほど続いて終息しましたが、一体何の現象か分からず、その日は仕事を早退。

念のため近くの病院に相談に行きました。

すると、近くの眼科を紹介してもらって検査を受けたのですが、結果は単なる眼精疲労とのこと。

その診断結果に納得がいかずにネットで調べた結果、この症状は閃輝暗点だと分かりました。

それ以来、年に1~2回ほどのペースで発症しています。

ただし、最近では、初めて発症した時と若干症状は変わってきています。

現在は三角形の幾何学模様がはっきり視野の中心に現れ、それがギラギラ振動しながら円弧状に広がっていき、最終的に視野の右半分を奪います。

そして、症状が終息し始めると偏頭痛も発症するようになりました。

その偏頭痛は夜寝るまで続き、翌朝起きると治っていることが多いです。

そのため閃輝暗点を発症すると、続いて偏頭痛が起こるのが予測できてしまうので、ちょっと憂鬱な気分になってしまいます。

閃輝暗点の原因は、脳内血管の血流の異常ということを知りました。

特に閃輝暗点の後に偏頭痛が来ない場合は、脳梗塞等のリスクがあるとも言われています。

そのため、頭部の定期的な健康診断をしっかり行っていこうと考えています。

40代から始まった私の閃輝暗点

私が初めて閃輝暗点を経験したのは40代後半でした。

今から思えば大きな音がするとぞっとしたり光がもっとまぶしく見えたりという症状は以前からあったのですが。

私の閃輝暗点の起こり方は、まず、部屋にいると見えるものが立体に見えなくなってきます。遠近感がないというか二重にボケるという感じです。

そして、しばらくするとめまいが起こり、体をひねったり方向を変える時にふらつき、頭がギンという感じがします。

不安になっていると視界に光るものが見えてきます。それは極彩色の光を放ち色とりどりに増え、視界半分以上に広がり動きます。

残像と影と極彩色の動く光がしばらく続き、色が少なくなってきたころで動いていたものが止まりだして、黒い影が広がります。

見えるところは一か所です。

最初に閃輝暗点が起こった時は、視界不良で歩くことができず、怖いと思いました。

あまりの恐怖に、横にいた人に「目が見えません。」と言って、しばらく付き添ってもらったほどです。

その人の肩を持ってじっとしていると徐々に視界が開けて、半分くらい見えるようになり一人で歩けるようになりました。

その後頭痛が始まりました。

片方だけガンガンと痛むのですが、しばらくすると治まりました。

それ以降も同じようなことは何度か起こります。

また、閃輝暗点の手前で、めまいや耳鳴りがたびたび起こるようになりました。

特に気圧の変化のある雨の前や台風が近づいた時などに起こりやすいと感じています。

めまいが強くなり、吐き気が起こり、耳鳴りが消えなくなると物が二重に見えてきます。

次第に極彩色の光が動き出すのです。

脳神経外科で受診すると「片頭痛」でした。

あまりひどいようならMRIを撮りましょうとのことでした。

片頭痛の薬をもらいましたが、その薬は痛みがひどくなってからでは効きにくくなるので痛み出したらすぐに飲むことが大切だそうです。

しかし、服用のタイミングを見極めるのが難しくて悩みました。

医師の言うとおり、規則正しい生活を心がけると症状は治まってきました。

私の場合は、睡眠不足が片頭痛の原因だったようで、睡眠をきちんと取るようにしたところ、症状は治まり、出たとしても耳鳴りで治まるようになりました。