たった一度の閃輝暗点の体験。以後、神経質になってしまう。

2年前の秋に一度だけ閃輝暗点を体験したことがあります。

季節の変わり目のころで、前日までは涼しかったのですが、その日は急に暑くなった日のことでした。

日中は特に体調も変わりなく、「今日は暑いな」と思いながらいつものように一日を過ごしましたが、夜、お風呂上がりに閃輝暗点が起こりました。

最初は右目の上側が白く霧がかかったように見え始め、目にゴミでも入ったのかなというような感覚で、目にゴミが入っているか鏡で確認していました。

その後、右目の上側にキラキラしたものが見え始め、透明なクリスタルをのぞき込んでいるような、透明なクリスタルの中に入っているような見え方になりました。

そのような症状が15分ほど続き、やがてその症状は消えていきました。

こんなことは初めてでしたので、とてもびっくりし、怖くなり、冷や汗もかきました。

なにか病気かもと思い、ネットで検索して調べたところ、閃輝暗点という症状で、偏頭痛の前触れだとありました。

そのため、頭痛があるのかとヒヤヒヤしながら待っていましたが、結局頭痛もなく、何も症状がなく、普通に過ごすことができました。

強いて言うなら、車酔いのような症状が出て、少しだけ気持ち悪い感じはしました。

なぜ閃輝暗点が起こったかもわかりませんし、その後2年たっても閃輝暗点の症状は出ませんし、頭痛がひどいといったこともありません。

閃輝暗点を経験した後しばらくは、大したことのない症状でもビクビクし、身体は大丈夫かと心配症になってしまいました。

閃輝暗点になった理由がわからないので、とても不安になりますし、「これからも何の症状もなく過ごせるのかな、病気ではないんだよね…」と神経質に考えてしまう時もあります。

頭痛が起きると、もしかして閃輝暗点の症状が起きるのではないかと、不安になったりします。

閃輝暗点になると、周りもよく見えませんし、車酔いのように少し気持ち悪くなりますし、精神的に不安になります。

できることならもう閃輝暗点のような症状に見舞われたくないと思っています。