天気にまつわる頭痛と気圧の関係

当サイトは、お天気による頭痛のお悩み・体験談を集めたサイトです。

自分に似た症状の人はいないか、みんなは天気に左右される頭痛にどう対処しているのか、など、参考にしてください。

まずはじめに、天気と頭痛の関係・メカニズムや、頭痛の予防策など、基本的なことを解説します。

天気が悪い=低気圧。そんな時に頭痛が起こるメカニズム。

「曇りや雨の日に頭痛が起こりやすい」

「台風の前になると頭が痛くなる」

といった現象に悩む人は多いですよね?

このように、天気のせいで頭痛が起こることは、よくあることです。

なぜ、天気のせいで頭痛が起こるのか、と不思議に思う人もいると思いますが、これには気圧が関係しています。

一般的に、雨や曇り、台風が近づいている時は、「低気圧」と呼ばれる状態。

低気圧だと、体にかかる外からの圧力が弱い状態なので、目には見えなくても、体には色々な変化が現れます。

体の中で起こる変化のうち、頭痛につながりやすいのが

  • 脳の血管が拡がり
  • 自律神経が乱れ

です。

脳の血管の拡がり

低気圧の状態では、体にかかる圧力が低くなっていいます。

普段は気圧で押さえつけられている血管が、天気が悪い時、つまり、低気圧の時には、非常に緩みやすくなっているのです。

脳の血管が緩んだ場合、血管を周辺にある神経に触れて、痛みを感じます。

これは、一般的に偏頭痛と呼ばれる頭痛に該当します。

脳の血管が緩む理由は、ストレスから解放された時や、アルコールを摂取した時、寝すぎた時など、色々なものがありますが、その中の一つとして、低気圧があるということです。

自律神経の乱れ

自律神経には、

  • 交感神経
  • 副交感神経

の2種類あり、両者は反対の働きを持ち、常にバランスをとりながら、体調をキープしています。

交感神経は、興奮している時や緊張している時に働く神経で、心拍数を上げたり、血管を収縮させ、血圧を高くしたりします。

副交感神経は、リラックスしている時や眠っている時に働く神経で、心拍数を下げたり、血管を緩ませて、血圧を下げたりします。

低気圧の状態では、全身の血管にかかる圧力が弱いということなので、血液を体に循環させるためのポンプ機能が弱まり、血液循環が緩やかになります。

この状態は、体がリラックスしている、あるいは、眠っている状態に近いので、副交感神経が優位に働くようになり、結果として、血管が拡張しやすくなり、頭痛につながりやすくなります。

低気圧による偏頭痛の対処法とは?

曇りや雨、台風の前といった、天気が悪い時に起こる偏頭痛。

偏頭痛が起こったら、拡張している脳の血管を収縮させるために、頭を冷やしたり、カフェインを摂るなどして、あとは安静にしているのが良いです。

痛みを抑えるために、薬を飲むことも必要です。

しかし、一番良いのは、こうした偏頭痛が起こらないようにしておくこと。

天候や気圧の変化は、誰もコントロールできませんが、それ以外の方法で、偏頭痛を起こりにく状態を作っておくことはできます。

偏頭痛を起こりにくくする方法を紹介します。

偏頭痛予防に有効な成分を摂取する

偏頭痛を起こりにくくする成分で、医学的にもその効果が認められているものが3種類あります。

  • マグネシウム
  • ビタミンB2
  • フィーバーフュー

これらは、食べ物や飲み物を通して、普段の食事から摂取することもできますが、量や効率を重視して、成分が配合のサプリメントを利用する人も多いです。

それぞれの成分の詳しい働きは以下の通り。

 マグネシウム

マグネシウムは、脳の中のセロトニンを増やすサポートしたり、脳神経の興奮状態を抑制する役割があります。

※セロトニンは、脳血管の拡張に関わる重要な物質です。

脳が過敏になったり、セロトニン不足で脳血管が拡張しやすいと、偏頭痛になりやすくもなりますので、マグネシウムのこうした働きが、偏頭痛の予防に良いとされます。

実際に、偏頭痛の人の約3〜5割ほどが脳内マグネシウムが不足気味だというデータもあるので、偏頭痛を起こりにくくするために、たくさんマグネシウムを摂取して、いざという時に偏頭痛が起こらない体にしておくことは重要です。

ビタミンB2

ビタミンB2は、細胞の代謝を助ける働きがあります。

偏頭痛の人が、脳の中のセロトニン不足になりやすい理由として、細胞の代謝機能が悪く、セロトニンを作り出す機能が活発でないから、という説があります。

細胞の代謝機能を助けるために、ビタミンB2をたくさん摂取すると、実際に偏頭痛の発生回数や痛みが少なくなったというデータがあるので、偏頭痛の人にとって、ビタミンB2も欠かせない栄養素なのです。

フィーバーフュー

フィーバーフューは、ハーブの一つで、夏白菊(ナツシロギク)という名前でも知られています。

単なるハーブではなく、古代ギリシア時代から医療に利用され、頭痛やリウマチ、生理痛や発熱など、あらゆる炎症を緩和に役立ってきました。

フィーバーフューの葉っぱには、炎症を止める成分「パルテノライド」が含まれていて、それが偏頭痛などの痛みの緩和に役立ちます。

パルテノライドは、フィーバーフュー特有の成分なので、偏頭痛予防には、フィーバーフューのお茶を飲んだり、フィーバーフュー入りのサプリを利用します。

寝不足や寝過ぎを避ける(規則正しい生活)

偏頭痛は、脳の血管が拡がることで起きますが、脳の血管は、寝不足で体がストレスを感じている時や、反対に、寝過ぎて脳が開放的になってしまっている時、に拡がりやすいものです。

偏頭痛を予防するために、規則正しい生活を送って、睡眠時間が長すぎたり短すぎないように調整しておきたいところです。

寝不足で、ギリギリ偏頭痛が起こっていなかったとしても、そこに低気圧が加われば、偏頭痛になってしまうこともありえます。

アルコールなどの飲食物を避ける

脳の血管に影響を与えてしまう食べ物や飲み物があります。

少し衝撃的な言い方になってしまいましたが、お酒を飲んだ時に、こめかみがドクドクしたりする人も少なからずいるように、食物が脳の血管に影響を与えることは、珍しいことではありません。

一般的に、偏頭痛を起こしやすいと言われる食べ物・飲み物は、以下の通りです。

  • アルコール(特に赤ワイン)
  • チョコレート
  • 柑橘類
  • チーズ
  • グルタミン酸ナトリウム(うま味調味料)

これらは、食べたり飲んだりすると、脳の血管に何らかの影響を与える可能性があります。

もちろん、健康のために悪いということではなく、偏頭痛体質の人にとっては刺激になりやすい、というお話です。

食べ物や飲み物単体では偏頭痛にならないとしても、低気圧とセットになると、偏頭痛が起こることもありますので、お天気が悪い時にはこうした食品を避けておくというのも、偏頭痛予防の一つになります。